土地探しから始める!軽井沢のゆったり別荘計画
TOP » 軽井沢の土地を扱う不動産会社8選 » 東信不動産

東信不動産

軽井沢の不動産を手掛けて37年以上!東信不動産の特徴

東信不動産は、昭和30年代から軽井沢の不動産売買を手掛けてきた老舗の会社。週末別荘やセカンドハウス、定住物件を幅広く取り扱い、要望に適した物件を紹介しています。得意とするのは事務所がある追分エリアをはじめ、軽井沢町、御代田町など。設立から37年以上のノウハウを活かした的確なアドバイスで、理想の別荘購入をサポートします。

東信不動産の強み

地元軽井沢で37年以上の実績がある

東信不動産の1番の強みは、地元軽井沢で37年以上の実績があることでしょう。とくに追分エリアの物件情報には強く、ホームページに公開されていない物件も多数紹介できるようです。売却も請け負っている会社で、不動産運用の相談にも応じてくれます。

自社物件を持っている

東信不動産が売主となっている分譲地があり、仲介手数料なしで購入できます。2017年11月時点では、人気別荘地「桜が丘ヴィレッジ」の販売を行っており、1期はすべて売約済み。2期も残り10区画という盛況ぶりです。建築条件なしなので、好きな工務店やハウスメーカーで建てられるのも、人気の理由かもしれません。

売却の相談も可能

物件売却の実績も豊富な東信不動産。今、売るべきか、売らないべきかを正直にアドバイスし、より高く売却するための売却時期を提案。自社の利益ではなく、オーナーの利益をしっかり考えてくれる会社だと言えます。ホームページには、売却の流れが細かく紹介されており、「売却を依頼された7日以内に指定流通機構に登録する」、「売却後にいただく仲介手数料以外は、一切請求しない」などの約束が明記されていて安心です。業者選びで信頼性を重要視する人にはおすすめの会社です。

東信不動産の基本情報

総予算から考える軽井沢土地探し 総予算から考える軽井沢土地探し